スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじめ編


このブログも閲覧者がかなりスローなペースで微増していき

たぶんいま7、8人くらいにはなったんではないかと思われます

放置していたスパムエロコメントも閲覧者に誤解されると困るのでぜんぶ削除して

コメントも承認制に設定いたしました



今日は真面目なことを書いてバランスをとりたく



アキバ事件

現代人の心の中における

「他者の希薄化」

を危ぶむ声が4、5年前から聞かれます

あの犯人などはまたその典型で

あの犯人の世界観は9割がた「自分」のみで占められていて

「他者」の存在はサランラップのように薄っぺらなのでしょう



心の中で

「他者」が薄っぺらになっているであろう人を見かけることは

日々ひんぱんにあります

電車の中で床にお尻をついて座り込んでいる女子高生なども

「他者」を感じていないからこそあんな恥しらずなことができるわけで

「他者」、「人さまの目」、というものを意識する感覚があれば

あんなことはできますまい



会社のエレベータのボタンに取り付けたカバーを

ボコボコに壊してひっぺがすような人々も

「自分」の不愉快さだけに支配されていて

「他者」がその行為を見てどう思うかとか考えないのでしょう



けっきょくいつものように

「諸悪の根源はコミュニケーションの機会減少にある」

という話になるのですけど。。



なんとも象徴的で不愉快きわまるのが

いまやっている、メタルギアなんとかというゲームのコマーシャル

彼女が部屋に遊びに来ているのに、

男はひたすらゲームでメタルギアなんとかをやっていて

プロポーズすら無視してしまうというもの

まさにコレですよ

あの犯人を作り上げたのは。。。



コミュニケーションの機会を減少させて

「自分だけ人間」を作り上げるにあたって一番有害なのは

幼少期からのテレビゲーム生活だと思いますが

いっぽう、気になるのは

「便利さ」を追求していく中で

「コミュニケーションの必要性」という「手間」を省くことに

企業は力を注いでいるということ



あー これ また 前にも書いたことのような。。



インターネットショッピングなんかがよい例で

お店に足を運んで店員さんのアドバイスを受けて

いい店員さんに出会って感動したり

わるい店員さんにムカついたりしながら

欲しい商品を見つけ、購入していくのが従来のお買い物であったのですが

インターネットショッピングはそれらの「手間」を省いて

便利に簡単にスピーディーに

お買い物ができる仕組みを実現したので

どんどん売り上げを伸ばして成長していきました



しかし、こうして省かれた「手間」の中に

「コミュニケーション」という栄養素も含まれていて

その栄養素が従来に比べ摂取されにくくなっていることも

「自分だけ人間」を作り出す要因のひとつであると思います



「消費」と「エコ」の関係と通じるものがありますが

「便利」の追求というのも考え直さないといけないような

じっくり時間をかけて作り上げるとか

店員さんとじっくりコミュニケーションして買い物するだとか

「手間」の中にも大切な栄養素がたくさん含まれていて

あえてたくさんの「手間」をかけるという選択に

人間としての賢さが認められてよいと思います。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。