スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男性の育児休暇

の、取得率を、現状の1.6%(だっけ?)から、10%にまで引き上げる、

という話を、小渕少子化担当大臣が申しております

お友だちで、育児休暇をとった男性がおりますが、

いいもんだ、是非きみも育児休暇とりたまえ、と、勧められた

母親とともに育児に励むよろこびがあるし、

子どもがちっちゃくて可愛くて仕方ない時期というのは限られているから、

その時期に少しでも子どもと接しておくのは、パパとしても

嬉しい限りなのだそうで

ナルホドナルホド

しかし、育児休暇は、取得はできても、いろいろとリスクが多い

休んでいるうちに、会社の状況も変わるし、組織も変わるし

帰ってきた頃には元の所属部署が消滅していて、結局、

長年経験を積み重ねて熟練した業務ではなく、新しい部署で、全く新しい業務を

下っ端としてイチから教えてもらわないといけなかったり

給料だって、バリバリ働いていた頃と同額を再びポンとくれることはあるまいし

育児休暇中に解雇されるという話も問題になっている

なんかヒドイ話、みたいに言われているけど、会社側にとってみれば、

景気がわるくなり、給料が払えなくなり、人を減らさないといけないときに、

ピンピンして遅くまで残業して働いてる人を解雇するか、

育児休暇中で、復帰後も時短勤務とかいろいろと気を使わないといけない人を解雇するかと言われれば

イヤでも答えは明確

そんなわけで、家族の生活を支えていかねばならんことを考えると、

なかなか、育児休暇はとれません

それよか、

労働者の平均帰宅時間を早くする工夫をするほうがいいと思う

こないだ、23時頃に近所のスーパーに行ってみたら、空いてるかと思いきや、

仕事帰りと思われる30代くらいの男女がたくさんレジに行列を作っていて、

驚きました。

夕方は主婦とかでいっぱいになっているスーパーが、

23時には労働者でいっぱいになっていたとは。

夫婦とおぼしき男女もいたが

23時に買い物して、バンゴハンつくって食べて、フロ入って、そしたらもう25時とか26時、

それからセックスできるのだろうか・・・

そんなわけで、

ワークシェアリング的な発想で、正社員の平均給料は安くし、

そのぶん、派遣社員をわんさか雇い、業務分担をしっかりやって

みんな基本17時、遅くとも19時には会社を出られるようにすれば、

ひとりものは恋愛に励む時間が増えるし

夫婦はセックスに励めるし

子どもが生まれれば夫婦で育児できるし

出生率アップすること疑いなし

ついでに雇用問題も解決

逆にいうと、深夜まで労働することが当たり前な世の中を作り出してしまったことが

われわれの大きな失敗だと思います。
スポンサーサイト

男子力

「女子力」がだいじならば「男子力」も大切だ、

というような説はちらほら聞かれますが、あまり盛り上がりが見られません

おそらく、「女子力」をクローズアップすることがお洋服とか化粧品とかの消費増大に直結するのに比べ

「男子力」は、べつに、クローズアップしてもお金にならないから、

取り上げてもらえないのだと思います。

昔は、漫画やアニメでも、ドラマとかでも、

「男子たるものこうあるべき」という追求がありました

(同じことを以前にも書いた気がしてきた)

幼少の頃、「ガンバロン」という実写のロボットヒーロー番組で、主題歌の最後に、

「♪男の子なら~ 正しく強く~」

という歌詞があって、それを聞いた母親に、

「あんたも男やろ。正しく強くよ!」

と言われたのを覚えています。

銭形平次のOPも「♪男だったら ひとつにかける~」だったなあ

「おれは男だ!」というタイトルの人気ドラマもあって

その主人公は先日、千葉県知事になりやした

いまではなんかもう

「男」という字面からしてなんかすでに野暮ったい

田んぼに力!

ダサ!

みたいな。

とはいえ、

今の世の中、べつに、「男」が強調されなくても、困ることはないな、とも思います。

むしろ、

このままどんどん「男子の女子化」が進んでいってくれたほうが

男子がお化粧をし、男子がいろんなお洋服の選択に悩み、

男子がトイレの鏡の前でいつまでも髪の毛をちょりちょりいじっているような状況が

促進されたほうが

お洋服や化粧品は売れるし、エステも儲かるし、美容健康食品も流通アップするし、

そして育毛剤もますます売れるし、

消費活動にとってはいいことずくめ

たぶん、そういうった業種の人たちは、いかに男子を女子化させていくか

(何をもって女子化とするか、定義は雰囲気で読み取ってください)

に、ますます力を注いでいくと思います。

そう思うと、逆に、

なぜ昔はあんなに必死になって「男とは!」が追求されていたのか

ふしぎ。

携帯テキストエディタっぽい感じの


せんじつ池袋のビックカメラとヤマダデンキで

ポメラに触ってみました

こんなのです↓
http://www.rakuten.co.jp/bungle/760238/941627/#1016683

電車の中とかでもキーボードでパキパキ文字入力したい人のための

折りたたむと文庫本くらいになる簡易ワープロ

といった風情のもの。

なかなかよろしいです。まだ購入には至っていないものの。

しかし、こうなると、あったらいいなと思うのは、

タッチパネルのやつで、ペンがついていて、

ペンで、タッチパネルのディスプレイ上に文字をさらさら書くと、

それを自動的にテキストデータにしていってくれる、

というようなもの。

それで、サイズが文庫本くらいなら、満員電車の中で立ったままでも

文章が書ける。ほんとに電子メモ帳。

モビリティはともかくとしても

われわれは、今でこそ火を吹くいきおいでタイピングして

手書きよりずっと早いスピードで文字を入力しておりますけれど

これから年をとって、よのなかも高齢化社会となり、

みんなクソジジイ、クソババアになると、

なかなかこうはいきますまい。タイピングなんて、ぷるぷる震える指で、

わたわたとしかできなくなるんじゃないだろうか

もしくはケンシロウみたいに人差し指一本であたたたたとやるか。

そんな状況になったら、やっぱりペンですよ

かといって今さら紙には戻れない

メールとかブログ更新とかしなければだし、コピペとか編集の便が違う

で、ディスプレイにペンでさらさらやって電子メールを書くような時代が

必ず来る

早くいいのが出ないかな。。。

新入社員


新卒の新入社員がわんさか入社してきました

ういういしいスーツ姿でたむろしているのをたまにお見かけします

わかー

と思う。

そしてこわい。

新卒は若いし元気だし勢いがあるし、

しゃべってて盛り上がるとドハーと爆笑したりする

その勢いがこわい

何人かかたまって向こうからやってきたりすると

ひぃー

と道を空けてしまう



自分自身が大学卒業したばかりのころはどうだったでしょうか

目白にある小中学生対象の塾で講師をすることになったわたくし

従業員は塾長とわたくしともう1人英語の講師がいるだけ、

全部で3人、

同期もいないし

職業柄、研修とかいうものもほとんどありません

とにかく初日から1人で教壇に立つしかありまへん

必死で、ムガ夢中で、よく覚えてないな

ただ研修らしいことといえば

塾長の監修のもと模擬授業を一回だけやった

学生の頃は空手部の部長だった、すごいガタイの、こわもての塾長

模擬授業が終わると、ボロカスにけなされて、立たされたまま説教されて・・・

といったかんじでしたが、新卒たるものはそういうふうに鍛錬されるべきだと思います

あとで英語の先生に聞いたところでは、

鬼の塾長の、その模擬授業は、その塾に来る新任の講師は必ず通過する儀式のようなもので、

うまくやったとしても必ずボロカスにけなされることになっているらしい

それで、謙虚に自分に厳しく、授業に臨んでもらうことが目的らしい



ああー

いろんな人にお世話になったわ

ありがたやありがたや


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。